錫器の特徴

❖皿・鉢  
01 冷やした錫のお皿や鉢にお刺身やカルパッチョ等を盛って頂ければ、錫の冷たさが更に美味しさを倍化させてくれます。
❖ひと口ビール・冷酒コップ  
02
錫の器に冷たいビールや冷酒を注ぎますと瞬時に器も冷え、飲み物も更に冷たく、呑んだ時の“のどごし”が明らかに違います。
❖千呂利・提子
03 錫は熱伝導が大変良く、燗上がり早いため(湯煎で約40秒)、お酒の旨味を損なうことがありません。  
❖急須
04 錫は熱伝導が大変良く、燗上がり早いため(湯煎で約40秒)、お酒の旨味を損なうことがありません。  
❖茶壷
05 密閉度が良くお茶の香が抜けません。
轆轤でひとつひとつ鉋で挽いて行く為、
蓋の重みで空気を押し出しながらピシッと
閉まります。
❖茶托
06 手にした時の“ずっしりとした心地よい”重さがあり、 湯呑みに茶托が引っ付き、浮き上がることがありません。
❖花器
07 錫の“イオン効果”により、花の水揚げが非常に活発となり、陶器などの花瓶に比べると驚くほどお花が長持ちします。